カナダ全寮制学校・ボーディングスクール留学ガイド(Canadian Boarding Schools)

カナダ全寮制

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

カナダの名門高校へ入学し、世界中の有名大学への道を拓く!カナダ高校留学で全寮制のボーディングスクールへの入学を検討されている方へ、カナダの全寮制高校を選ぶメリットやデミリット、気をつけて頂きたいことなどをご紹介していきます。

全寮制ボーディングスクールとは?

全寮制の学校とは、その名の通り学生が親元を離れて寮で生活をしながら高校生活を過ごす学校です。学校によっては留学生だけが全寮制で、現地の学生はその地域に住んでいるというところもありますし、カナダ人の学生と留学生、すべての生徒が寮で生活をして高校生活を過ごすところもあります。学校と学生寮が同じ敷地にある学校、離れた場所にある学校もあります。女子校・男子校・共学もあります。セキュリティーのしっかりとした学校と寮で安全な環境で、寮長をはじめ大人がしっかりサポートしてくれる体制で、カナダの高校教育を受けることが出来ます。

カナダ全寮制学校のメリット

大きなメリットとしては・・・

  • 最新でハイレベルな設備や教師陣という環境で学習に集中できる
  • 世界中から集まる留学生と寝食を共にして、共に学び、共に育つ、かけがえのない仲間・人脈
  • 世界中の有名大学に進学するための準備ができる
  • カナダの名門高校から名門大学へと続く信頼のルート
  • 勉強だけでなくスポーツや芸術においてもハイレベルな設備とコーチ
  • 授業時間外の英語学習のサポートが豊富
  • 栄養管理をなされた食事
  • 規則正しい生活習慣が身につく
  • ホームステイにまつわる心配事がない

カナダ全寮制学校のデメリット

デメリットとしては、やはり授業料や寮費がとても高額です。1年間の費用が平均で500万から600万円掛かります。それ以外はあまり大きなデメリットとして考えられるものは少ないですが、あえて言うならば、少し狭い世界の中で中学から高校までを過ごすということもあります。学校と学生寮が同じ敷地にあれば、基本的にはその中で毎日暮らすことになります。カナダ名門全寮制高校の敷地は広いですし、学生向けに課外活動、買い物にいける機会もありますので、大きな不安要素になることではないと思います。

カナダ全寮制高校への受入れ年齢

何歳からカナダの全寮制学校へ入れるのか?気になる方もいらっしゃると思いますが、全寮制のため小学生からの受け入れも可能です。

入学基準の学力&英語力

北米や世界の名門大学への準備も含まれる高校留学になります。高い学力と英語力が必要とされますので、高校生になる前の早い段階での検討をお勧めします。各学校ともに留学生向けのESLプログラム(英語学習)を用意しております。

カナダ全寮制高校への入学可能時期

入学時期は9月になります。締め切り時期は学校によって違いますが、学生寮の空き状況や受け入れをする留学生の国籍のバランスなどで締め切りが早まることがあります。多くの学校で早めに申し込むと割引がある場合があります。

カナダ全寮制学校の選び方

カナダには私立全寮制学校が加入する団体(Canadian Accredited Independent Schools (CAIS・ケイスと読みます))があり、学力基準や安全性、講師の質など12個の項目のすべてをクリアした学校だけが加入でき、現在27の全寮制学校が加入を認められています。カナダの全寮制高校を選ぶ際には、このCAISに加入している27の高校の中から選ぶことをお勧めします。

CAIS(カナダ全寮制高校協会)製作のカナダの全寮制学校の紹介動画

カナダ全寮制留学のための情報収集

留学フェアの活用

毎年11月に東京のカナダ大使館で開催されるカナダ留学フェアに、CAISに加入しているカナダの全寮制学校のスタッフが参加します。全27校中20校が参加予定。2018年は11月2日、3日に開催されます。(カナダ留学フェアについての詳細記事)

各学校のブースにはその学校で学んだ卒業生がいて、ご自分の留学経験について話してくれたり、細かい質問などをすることが出来る場合もあります。

そして翌週の11月5日(月)の夕方5時半から8時半までCAISの学校だけが参加するセミナーが開催されます。こちらでは、カナダの全寮制高校に関する説明や質疑応答、そして各学校のスタッフと個別にミーティングをすることが出来ます。セミナーの詳細はこちらをごらんください。

CAIS カナダ名門全寮制私立学校セミナー2018

東京・大阪個別留学相談会(名古屋は随時)

当センターでは東京、大阪にて月に一度、個別にお会いしてカナダ全寮制高校への入学カウンセリングを無料で行っております。カナダ全寮制高校へ進学をご検討中の方は是非一度お会いしてお話が出来ればと思います。

東京&大阪開催!カナダ留学相談会日程のご案内!

2017.06.27

メール&電話カウンセリング

東京・大阪・名古屋以外にお住いの方で上記の個別相談会への参加が難しい方は電話やメールでもカナダ高校留学について情報を提供することが可能です。こちらのフォームからお問い合わせください。

カナダ公立中学&高校留学専用カウンセリングフォーム

2017.07.10

オープンハウスへの参加&現地視察

カナダの全寮制学校では入学を検討する生徒や保護者のためにオープンハウスを開催しています。日程などは学校によります。全寮制学校への入学は大きな決断になりますので、もしご都合が合えば実際に候補になっている学校を訪れて見るのも良いと思います。通学する学校の施設、寮の様子、街の様子、そして上級生や同級生になる在校生たちと交流することも出来るので現地での留学生活がとてもイメージしやすくなります。各学校へのオープンハウスへの予約や見学予約も受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

カナダ全寮制学校一覧

CAIS加盟の学校は27校ありますが、あなたの希望する学校によって幾つかに絞ることが出来ます。まずは以下の6つのリストをご用意しましたので、あなたの目的やニーズ、好みにあった学校を見つけて頂ければと思います。

  1. アルファベット順リスト
  2. 州別学校リスト
  3. 共学・男子校・女子校別リスト
  4. IBコース開催校リスト
  5. 価格帯別

学校名(アルファベット順 全27校)

リンクはすべてオフィシャルサイト(英語)へつながります。学校の雰囲気がわかる動画が観える学校も多いので是非ごらんください。

カナダ全寮制学校(州別)

ブリティッシュコロンビア州(全6校)

サスカチュワン州(全1校)

マニトバ州(全2校)

オンタリオ州(全14校)

ケベック州(全2校)

ニューブランズウィック州(全1校)

ノバスコシア州(全1校)

男子校・女子校・共学別

共学 CO-ED(全17校)

男子校 Boys Only(全3校)

女子校 Girls Only(全7校)

IBプログラム開催校

カナダの全寮制学校でも国際バカロレア(International Baccalaureate)のコースが受講できる学校や、学校のカリキュラムが完全に国際バカロレアなっている学校もあります。以下の4校がIBプログラムの受講できるカナダの全寮制学校です。

授業料の価格帯別リスト(初年度の総額費用の安い順)

約58,000ドル〜

約62,000ドル〜

約65,000ドル〜

約70,000ドル〜

約75,000ドル〜

約80,000ドル〜

約100,000ドル〜

カナダ全寮制学校への留学に関するお問い合わせ

各学校への入学手続きやさらに詳しい学校情報など、質問や不安なことがある場合はお気軽にご相談ください。当センターでは各学校への入学手続きを無料で代行サポートしております。

カナダ留学はお気軽にご相談ください!

ハリファックスサポートセンター代表・水谷

エージェント水谷

カナダ高校留学に関するお役立ち情報

カナダでの高校留学を考えた時にまず留学生、そして保護者の方に知っておいてほしい基礎情報をまとめた記事があります。是非、ご一読ください。

カナダ高校留学を考えた時にまず知っておきたい基礎知識

2017.06.02
カナダ全寮制

知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。