ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

トロントのダウンタウンの中心部にありながら日本人がほとんどいない語学学校

こんにちは、留学アドバイザーの水谷です。カナダ最大都市のトロントのダウンタウンの中心部というとても便利なロケーションにありながら、日本人が少なくカリキュラムが厳しめのしっかりした語学学校があります。語学学校CES(Capital English Solutions)です。設備も綺麗に整った学びやすい雰囲気の学校です。

CESの様子がわかるビデオをご覧ください。

CESの開催コース

一般英語には3つの重要パート(文法・スピーキング・ライティング)

CESでの毎日の英語学習は基本的に次の3つのパートに分けられます。文法、スピーキング、ライティングの順番で学んでいき、1日の最後には1時間30分の先生付き自習タイムがあります。先生に質問したいことや、自分で目標を決めて勉強し先生にやったところをチェックしてもらうこともできます。やる気のあるあなたには是非フル活用して頂きたい時間帯です。朝9時から夕方5時までみっちり勉強できます。

時間 コース
9:00 – 10:50 文法 or 特別コース
11:00 – 12:50 スピーキング or 特別コース
12:50 – 13:40 Lunch・昼食
13:40 – 15:30 ライティング or 特別コース
15:30 – 17:00 先生付きの自習タイム

特別英語コース

語学学校CESでは一般英語の他に様々な専門コースを用意しています。一般英語を学んである程度の英語力を身につけたあたおは、自分の目標や好み、苦手な部分などに合わせて専門的なコースを受講することができます。

  • ビジネス英語(12週間)
  • ホスピタリティ英語(12週間)
  • プレゼンテーションスキル(12週間)
  • 発音&リスニング(8週間)
  • 試験対策(12週間)
  • 歴史、アート&文化コース(8週間)
  • ソーシャルメディアのための英語(8週間)
  • メディア英語
  • 法律英語(8週間)

以上のコースは在籍している生徒からの要望により開講されるものと、常時開講しているものがありますので、受講希望のコースがある場合は申し込みの前に一度お問い合わせください。

CESのレベル分けと修了に掛かる期間

語学学校CESでは初級から上級まで6つのクラスを用意しています。

レベル 修了までに掛かる期間
Beginner 4週間
Basic 8週間
Pre-Intermdeate 8週間
Intermediate 8週間
Upper-Intermediate 8週間
Advanced 4週間

実質、日本人の生徒さんで Beginnerに入る方はいないそうで、初級者の方でも大体Basic からのスタートになります。またUpper-Intermediateが大学進学レベルになっています。つまりUpper-Intermediateを修了すると、CESとパートナーになっているカナダの大学・カレッジへの英語基準をクリアすることができます。ここまででかなりレベルが高いコースになっているので Advancedへ進む生徒はほとんどいないそうです。

CESとパートナーのカナダの大学&カレッジ

以下の大学・カレッジにはCESのUpper-Intermediateを修了すると入学できます。中級から入ればわずか16週から24週間で大学進学基準の英語力を身につけることができます。

CESの授業料&その他の費用

  • 登録費:120ドル
  • テキスト代デポジット:45ドル
  • 傷害保険:16ドル/週
  • 空港出迎え:片道100ドル、往復170ドル
  • 未成年用・後見人書類 150ドル

CESの授業料

申し込みをする期間により1週間の授業料単価が変わります。

通学期間 パートタイム

20時間/週

フルタイム

30時間/週

1 – 4 $300 $320
5 – 8 $295 $315
9 – 12 $280 $300
13 – 16 $270 $290
17 – 20 $260 $280
21 – 24 $250 $270
25 – 28 $240 $260
29週以上 $230 $250

CESの滞在費用(シェアルーム、ホームステイ)

  • 斡旋費用:185ドル
  • ホームステイ・2食付き:215ドル/週〜
  • ホームステイ・3食付き・225ドル/週〜
  • シェアルーム(個室・2人部屋、3人部屋あり):170ドル〜350ドル

CESでの留学費用見積もりサンプル

3ヶ月(12週間)フルタイム・ホームステイの3食に滞在

  • 登録料:120ドル
  • 授業料:3,600ドル
  • テキスト代:45ドル
  • 空港出迎え:170ドル(往復)
  • ホームステイ斡旋費用:185ドル
  • ホームステイ滞在費用・3食:2,700ドル

合計:6,820ドル

6ヶ月(24週間)フルタイム・ホームステイの3食に滞在

  • 登録料:120ドル
  • 授業料:6,480ドル
  • テキスト代:45ドル
  • 空港出迎え:170ドル(往復)
  • ホームステイ斡旋費用:185ドル
  • ホームステイ滞在費用・3食:5,400ドル

合計:12,400ドル

語学学校CES・無料入学手続き申込みフォーム

当センターは語学学校CES(Capital English Solutions)の正規代理店です。無料で語学学校Cへの入学手続きをサポートしておりますのでご利用ください。

入学手続き申込み後の流れ

上記の申し込みフォームより登録された情報を確認し当センターより語学学校CESへ手続きを開始します。

授業料の支払い

申し込み後に、語学学校から授業料の明細書が届きます。英語の原文と当センターで作成した日本語の明細書を合わせて、あなたにメールで送付致します。授業料はまず当センターの指定口座へご入金頂き、その後当センターより海外送金にてあなたの留学費用を語学学校CESの指定口座へ入金します。通常、1週間ほどで現地で入金確認が取れ、領収書と入学許可書が送付されてきます。

入学許可書を利用し、学生ビザの申請

語学学校より入学許可書が発行されると、カナダ移民局のサイトからオンラインで学生ビザの申請を行います。ビザ申請の方法も電話やスカイプでサポートしています。ビザ申請に必要は書類や情報に関してはこちらをご覧ください。(学生ビザの申請に必要な書類と情報について)

語学学校CES Designated Learning Institution 番号: O116458043402

※学生ビザの申請書にこの番号を記入する必要があります。先頭はアルファベットの O(オー)です。ご注意ください。

学生ビザの取得後にトロントへの航空券の手配

トロントへの航空券を手配しましょう。手配後は以下の情報を当センターにご連絡ください。

  • 到着日:
  • 到着時刻:
  • 利用航空会社:
  • 便名:
  • 経由地:

この情報を語学学校へ伝えます。私が毎年カナダへ渡航する際に航空券を購入している旅行代理店で見積もりを取ることができます。航空券の手配もお手伝いしておりますのでお気軽にお申し付けください。

ホームステイ先の情報が届きます。

ホームステイへ滞在される方は、学校にあなたの到着予定を伝えるとホームステイ先の情報が届きますので、当センターに届いたらすぐにメールでお届けします。ホストファミリーのメールアドレスが記載されていますので事前にメールで挨拶をしておくと良いと思います。

カナダへ出発!

いよいよ、日本からカナダ、トロントへ出発。トロントへは東京(成田、または羽田)から直航便が運航しています。トロント国際空港では語学学校CESの手配した運転手があなたを待っています。そしてホームステイ先まで連れて行ってくれます。

学校初日

学校初日は、朝8時45分までに学校へ行ってください。授業は9時からスタートです。持ち物は、パスポート、当センターから事前にお渡しする入学許可書、傷害保険の加入証明書をお持ちください。筆記用具などもお忘れなく。

以上が、申し込みから学校入学までの大まかな流れになります。何か質問や不安なことがあればお気軽に相談してください。


知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。