コモックスバレー高校留学プログラム・出願方法のご案内

コモックス・バンクーバー島

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

留学エージェントの水谷です。こちらのページではブリティッシュコロンビア州バンクーバー島にあるコモックスバレー高校留学プログラムへの出願を決めた方へ手続きの流れと必要な書類についてご説明させて頂きます。コモックスバレー高校留学プログラムは正規エージェントがアカウントを与えられたオンラインシステムからの出願のみになります。オンライン出願は開始から30日以内に完了させないと無効になります。次に出願に必要な書類をご案内します。

コモックスバレー教育委員会・願書出願方法

手続きの流れは書類準備から出願セッションの2ステップです。

成績証明書(英文)

過去2年間の成績証明書を通学されている高校、または卒業した中学から取得してください。学校によってはあまり留学生を出していない学校だと英文の成績証明書の作成に不慣れな場合があります。その場合は当センターよりテンプレートをご提供させて頂きますので、それに合わせて記入し校長先生の署名と学校印を押してもらえれば大丈夫です。

受講コースリクエストフォーム

留学中に受講を希望するコースを選ぶことができます。こちらのフォームからダウンロードをして記入してください。データを入力し保存できるタイプのPDFファイルになっています。データを入力し保存したものを当センターに送ってください。

プログラム参加同意書

コモックスバレーの学校に入学し、授業を受けるためのプログラム参加同意書への記入と署名が必要になります。こちらからフォームをダウンロードしてプリントアウトをしてください。必要箇所へチェックや記名、日付、署名をしたものをスキャンをして当センターまでお送りください。

課外活動&スポーツ参加同意書

コモックスバレーでの留学中、留学生はたくさんのアウトドア・アクティビティーやスポーツを楽しむことができます。こういった活動に参加するためには保護者の同意が必要になります。こちらのファイルへの記入は、当センターとの出願前カウンセリングの際に内容を確認、そして教育委員会側に伝えておきたいことがあればお伺いして、こちらで英文を作成しオンラインシステムにアップロードしていきます。

その他、ご用意いただく書類

  1. パスポートの写真のページをスキャンしたもの(カラー)
  2. 推薦状(学校の先生、ガイダンス・カウンセラー、校長先生などから1ページに収まる程度の推薦文)
  3. 予防接種の記録(テンプレートのダウンロード
  4. 留学生の作文(英語・なぜカナダ、コモックスバレーで留学をしたいのか?ホストファミリーに向けてのあなたの自己紹介、趣味や部活、興味のあることについて書く)
  5. 写真集(あなたの今までをホストファミリーに伝えられるような写真、家族の写真を集めたものをワードファイルに貼り付けてPDFにしたもの・容量は5MB以下にすること)

以上のものをご用意ください。

願書作成セッション

上記の情報が揃ったところで、当センターの担当と電話(またはオフィス)で話しをしながら、オンライン申請を開始します。電話口で情報をお伺いしながら必要情報をお聞きしながらデータを登録して申請を完了させていきます。(所用時間約30分)電話口にはご本人、そして保護者の方もいて頂けると助かります。

コモックスバレー高校留学関連情報

バンクーバー島・コモックスバレー高校留学プログラム (Comox Valley International Student Program)

2017.02.16
コモックス・バンクーバー島

知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。