【洋書のススメ】Encyclopedia Brown 1

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

ハリファックスサポートセンター平井です。

今日は、お勧めの洋書についてご紹介します。

「洋書なんて難しい!」と思われるかも知れませんね。でも大丈夫、自分の英語力に合った本を選べば読めるはずです。

洋書を読むと何がいいのか?まず、「英語を英語で理解する=日本語に訳さず左から右へ、並んでいる単語の順に理解する」練習をする事ができます。

では、なぜ日本語に訳さない事がいいのか?その続きは、こちらの記事をご覧下さい。

☆【洋書のススメ】Marvin Redpost:洋書をお勧めする理由

今からご紹介する洋書は、英語学習の中級者~向け。上級者が読んでも楽しめます。

タイトルは、こちら。

 

Encyclopedia Brown 1

日本語で言うと「百科事典ブラウン君」。名探偵コナン君のように、事件を一話ずつ解決していく短編シリーズの第一巻です。どんな物語か、少しだけ内容をお伝えしますね。

あらすじ:

10歳の少年リロイは、ごく普通の5年生。彼の住む町では誰一人として、逮捕から逃れた犯人は存在しません。なぜなら、少年リロイが事件を難無く解決してしまうから…。そんな彼は「Encyclopedia(百科事典)」と呼ばれています。警察官である彼の父が、息子から助言を受けて事件を解決しているなんて、一体誰が信じるでしょう?リロイ君は日々、新たな事件の解決に挑みます。百科事典のように何でも分かる頭脳を駆使して…。

10話の短編ミステリーが収録されており、読み進めながら一緒に謎解きが楽しめます。(謎解きの解説付き!)

EB1

洋書を取り扱っている大きめの書店やインターネットで購入できます。

アマゾン:Encyclopedia Brown 1 Boy Detective

このシリーズは20冊位あります。第一巻を読み終わる頃には、謎解きに夢中になっているかも知れませんね。

今まで色んな英語の勉強をしてきたけど、そういえば洋書を読んだ事はないな…という方は是非、この機会に一冊読んでみて下さい。楽しく物語を読みながら英語学習にもなり、正に一石二鳥です。

以上、大人が読んでも面白い、中級者~向け洋書のご紹介でした。

英語学習に関する疑問など、お気軽にご相談下さいね。

☆ハリファックスサポートセンター:無料の相談フォーム

お待ちしています!

ハリファックスサポートセンター


知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、ハリファックスサポートセンターのオペレーション担当の平井です。ハリファックスの語学学校に通われる皆さんの手続きや資料の郵送などを担当しています。何か不明な点や心配なことがあればメールまたは以下のコメント欄で相談してくださいね。 サポートセンターについてはこちらをご覧ください。