【洋書のススメ】Kidnapped at Birth?

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

ハリファックスサポートセンター平井です。

今日は、お勧めの洋書についてご紹介します。

「洋書なんて難しい!」と思われるかも知れませんね。でも大丈夫、自分の英語力に合った本を選べば読めるはずです。

洋書をお勧めする理由

洋書を読むと何がいいのか? まず、「英語を英語で理解する=日本語に訳さず左から右へ、並んでいる単語の順に理解する」練習をする事ができます。

なぜ日本語に訳さない事がいいのか、想像してみて下さい。英語を上手に話す人が英語のネイティブスピーカーと会話する時、相手のセリフを英語から日本語に訳し、自分のセリフを日本語から英語に訳しているでしょうか。そうしていたら、ものすごく時間がかかってしまいますよね。

もちろん、洋書を読めば語彙力アップにも役立ちます。本を一冊読み終わる頃には、その本によく出てくる単語を何度も目にするので身に付いているでしょう。単語そのものだけではなく、どんな場面で、どんな文章で使われるのか分かるのがいいところです。

リスニングは耳からのインプットですが、リーディングは目からのインプット洋書を読む事は、とても大切です。

今からご紹介する洋書は、英語学習の初心者向け。とは言っても、学習用に易しく書き直された本ではありません。実際に欧米の小学生が読む、英語の原書です。初めての洋書としてお勧めしています。

タイトルは、こちら。

Kidnapped at Birth?

日本語で言うと、「生まれた時に誘拐された?」です。どんな物語か、少しだけ内容をお伝えしますね。

あらすじ:

日頃から「自分だけ家族の誰にも似ていない」と思う、主人公の Marvin。ある日テレビを見ていると、行方不明の王子様は Marvin と同じ9歳、赤毛で青い目をしている事を知ります。Marvin は左利きですが、王族もみんな左利き。Marvin は少しずつ、「自分が王子ではないのか?」という思いを膨らませていきます。そんな中、血液検査を受ける事になった Marvin。果たして Marvin は、生まれてすぐに誘拐された王子様なのでしょうか?

marvin1

洋書を取り扱っている大きめの書店やインターネットで購入できます。

アマゾン:Kidnapped at Birth?

このシリーズは8冊あります。全部読み終わる頃には、Marvin が大好きになっているかも知れませんね。

今まで色んな英語の勉強をしてきたけど、そういえば洋書を読んだ事はないな…という方は是非、この機会に一冊読んでみて下さい。楽しく物語を読みながら英語学習にもなり、正に一石二鳥です。

以上、大人が読んでも面白い、初級者向けの洋書のご紹介でした。

英語学習に関する疑問など、お気軽にご相談下さいね。

☆ハリファックスサポートセンター・無料の相談フォーム

お待ちしています!

ハリファックスサポートセンター


知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、ハリファックスサポートセンターのオペレーション担当の平井です。ハリファックスの語学学校に通われる皆さんの手続きや資料の郵送などを担当しています。何か不明な点や心配なことがあればメールまたは以下のコメント欄で相談してくださいね。 サポートセンターについてはこちらをご覧ください。