高卒の建築現場作業員でも出来た!カナダ留学を通じて理想の未来

【洋書のススメ】Someday Angeline

ハリファックスサポートセンター平井です。

今日は、お勧めの洋書についてご紹介します。

「洋書なんて難しい!」と思われるかも知れませんね。でも大丈夫、自分の英語力に合った本を選べば読めるはずです。

洋書を読むと何がいいのか?まず、「英語を英語で理解する=日本語に訳さず左から右へ、並んでいる単語の順に理解する」練習をする事ができます。

では、なぜ日本語に訳さない事がいいのか?その続きは、こちらの記事をご覧下さい。

☆【洋書のススメ】Marvin Redpost:洋書をお勧めする理由

今からご紹介する洋書は、英語学習の中級者~向け。読みやすい洋書を探している方は是非、読んでみて下さい。

タイトルは、こちら。

Someday Angeline

someday angeline

「サムデイ・アンジェリン」。表紙に描かれた魚のイラストが印象的です。どんな物語か、少しだけ内容をお伝えしますね。

あらすじ:

主人公の Angeline は、ゴミ収集の仕事をしている父親と2人で暮らしている8歳の女の子。明日の天気を言い当てたり、勉強がよくできたりして、みんなから天才扱いされています。

でも、精神面では普通の8歳…よく笑い、よく泣く、年相応の無邪気な小学生です。勉強ができるために6年生のクラスに入れられますが、なかなか周りに馴染めません。意地悪な担任の先生やクラスメイトから「変な子」扱いされて、悲しい思いをしています。

父親は「出来のいい娘」にどう接していいかわからず、うまくコミュニケーションを取れません。そんな Angeline はある日、ジョーク好きな男の子 Gary と優しい先生に出会い、毎日に楽しさを見出し始めて…

気になる魚のお話については、中盤あたりで登場します。

この本ではたくさんのジョークが出てきます。どこが面白いのか、なぞなぞを解明する気持ちで読んでみるといいでしょう。

例えば言葉遊びですが、「ミスターボーン」という名前を聞いて、女性か男性か判断できますか?

ヒントは、どこで区切るか?です。「ミス」なら女性ですし、「ミスター」なら男性です。「ミス・ターボーン」なのか「ミスター・ボーン」なのか…

無邪気な Angeline や不器用な父親の他にも、個性的な登場人物が出てきます。それぞれどんな性格でどんな口癖があって、どんな気持ちでそのセリフを言っているのか?考えながら読んでみましょう。

タイトルの「Someday Angeline」というセリフが、どの場面に出てくるかも要チェック!終盤で少しハラハラしますが、楽しく読める物語だと思います。

この本は、洋書を取り扱っている大きめの書店やインターネットで購入できます。

☆アマゾン:Someday Angeline

作者のルイス・サッカーさんは、以前ご紹介した Marvin Redpost シリーズを書いた方です。Marvin Redpost シリーズよりも Someday Angeline の方がやや厚いですが、読みやすくてお勧めの一冊。

今まで色んな英語の勉強をしてきたけど、そういえば洋書を読んだ事はないな…という方は是非、この機会に一冊読んでみて下さい。楽しく物語を読みながら英語学習にもなり、正に一石二鳥です。

以上、中級者~向け洋書のご紹介でした。

英語学習に関する疑問や留学に関するご相談は、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

[contact-form-7 id=”9463″ title=”お問い合わせ”]

知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!