【語学学校ECSL】キャロライン先生と日本の生活!

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

こんにちは、ハリファックスサポートセンター水谷です。
今日は語学学校ECSLのキャロライン先生が日本へ滞在していた時のお話を書いてくれました。
これからハリファックスへの語学留学をご予定の方には学校の様子が、
そしてECSLのOBの皆さんにも読んで頂けると嬉しいです。
それではどうぞ!

みなさん始めまして、キャロラインよ。
私が日本に住んで働いていたのは結構前の話だけど、今でも色んな事を思い出すし、あの時の経験が、私の人生や英語教師としてのキャリアに影響を与えてくれたのよね。
私はまず、言葉を通して日本に興味を持ったの。特に、日本から輸入されたお料理の本を中古本屋で見付けた時、あれは10歳か11歳くらいの頃だったかしら。何て書いてあるのか、すごく知りたくて。地元の図書館で日本語の発音ガイドを借りてきて、お料理の手順を音読しようと、家で何時間も費やしたの。そうやって色んな事が重なり、結局セントメリー大学で日本語を勉強することになって1年目と2年目の間、2ヶ月間の交換留学で北海道の函館へ。地元の小学校で時々英語を教えたりもしたわ。そしてカナダへ戻り、自分がしたいのは英語を教えることだ、ってわかったの。
大学卒業後、再び日本の最北端、北海道岩見沢の中学校で英語を教えたわ。当時は補助教員だったから、自らレッスンする事はなかったんだけど。その代わり、発音クラスで日本人の先生を手伝ったの。生徒と交流できて楽しかったけど、それは大変だった…。1日5、6個の授業が毎日あって、寝る前にリラックスする時間が十分取れないくらい。そのうちにカルチャーショックや寂しさを感じるようになって気付いたのは、みんなとコミュニケーションを取れるのはどんなに重要で素晴らしいか、という事。日本語の授業に出続けて、なるべく日本語で会話できるように努力したら、新しい友情をたくさん築く事ができたし、住んでいる町や人々とより一層繋がりを感じられるようになったの。日本や文化について色々学んだけど、それは一生懸命に私を支えてくれた先生や生徒みなさんのおかげだと思うわ。
今までお世話になった語学学校の中でも、ECSLは一番フレンドリーでサポートもしっかりしていて多様性もあって、日本人留学生のみなさんもきっと、留学を終えた時にそう感じるんじゃないかしら。同僚や管理スタッフたちの中にも、日本に住んで勉強または働いた人がたくさんいるの。だから、留学中に遭遇するかもしれない困難についてよくわかっているわ。もちろん教職員たちも、慣れた環境から離れて暮らす難しさを理解しているからこそ、授業では全員を受け入れて、なるべく快適で役立つ事を目指しているの。多文化・多言語の学生たちと、文字通り教室の内外を問わず、英語を練習する機会がたくさん。単なるテキストやワークシートだけに留まらず、ハリファックスやノヴァスコシアの地域を探索してより深い繋がりを持てるよう、ほぼ毎日参加できる活動や旅も提供しているのよ。
そんな多様性、熱心さ、しっかりしたサポートと熱意があるECSLは、ハリファックスで暮らしながら英語を学びたい全ての人々にとって理想的な環境だと思うわ。受賞歴もある語学学校ECSLのホームページはこちら: www.ecslcanada.com
みなさんとECSLでお会いできますように。どうぞよろしくお願いします。
キャロライン・クロンショー
原文:
Hello friends,
It’s been a fairly long time since I lived and worked in Japan, but it’s
hard not to remember my experiences there, and how they’ve influenced both
my personal life and my career as a language teacher.
I first became interested in Japan through language – specifically, through
the language I discovered in an imported Japanese cookbook I picked up at a
used bookshop when I was about ten or eleven years old. Eager to know what
the recipe instructions said, I borrowed a pronunciation guide from the
local library and spent hours at home, trying to read aloud the steps for
making various dishes. One thing led to another, and I eventually ended up
taking Japanese language classes at Saint Mary’s University. Between my
first and second years of study, I travelled to Hakodate, Hokkaido on a
two-month exchange trip, where I sometimes taught English to children at
local elementary schools. After I came back to Canada, I decided that
teaching English was what I wanted to do.
After graduating from university, I went back to Japan and taught in a
middle school in the town of Iwamizawa, Hokkaido, far up in the northernmost
area of the country. Since I was only an assistant language teacher, I
couldn’t teach a class of students by myself, but instead I helped the staff
with pronunciation lessons. Despite having fun interacting with students, it
was still hard work; I taught five to six classes a day, every day, and I
would often not have enough time to relax at home before going to bed. I
also started feeling very culture shocked and lonely as time went on. It was
during this time that I learned just how important and wonderful it is to be
able to communicate with people in my community. By continuing to attend
Japanese language classes and making an effort to engage in conversations in
Japanese as much as possible, I formed many new friendships and felt much
more connected to my town and its people. I learned a lot about Japan and
its culture during my time there, but none of that understanding would have
been possible were it not for the language teacher and fellow language
learners who aided me in that endeavour.
Out of all the English schools in which I’ve worked, East Coast School of
Languages is by far the friendliest, most supportive, and most diverse one,
and I believe that Japanese students will feel the same way after studying
here. Many of my fellow instructors and administrative staff have lived,
studied, and/or worked in Japan, and are therefore aware of the challenges
some students may encounter during their time here. The faculty members also
understand the ups and downs of living away from familiar surroundings, so
they aim to make the classes as comfortable, inclusive, and helpful as
possible. The student body at ECSL is both multicultural and multilingual,
and there are plenty of opportunities to practice English communication both
inside and outside the classroom in a genuine manner. ECSL students’ lives
aren’t just about textbooks and worksheets, either – the school provides
near-daily activities and trips that allow students to explore and form a
deeper connection with the surrounding Halifax and Nova Scotia communities.
With such rich diversity, dedication, supportiveness, and enthusiasm, ECSL
is, in my opinion, the ideal learning environment for anyone wanting to
study English and experience life in Halifax.
Visit www.ecslcanada.com to learn about our award-winning school.
I look forward to meeting you at East Coast School of Languages.
Warm regards,
Caroline Cronshaw.
キャロライン先生、ありがとうございます!
語学学校ECSLに興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
お待ちしています!
ハリファックスサポートセンター・無料カウンセリングフォーム

追伸:
ECSLのJoelが情報提供に協力してくれています。
学校と協力しあって、良い学校の雰囲気を伝えられればと思います。
Thank you, Joel!!


知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。