エドモントン公立高校留学プログラム (Edmonton Public Schools) Edmonton Alberta / エドモントン アルバータ

Edmonton Public High Schools

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

こんにちは、留学アドバイザーの水谷です。今日はカナダ・アルバータ州の州都エドモントンでできる高校留学プログラムについてご紹介したいと思います。エドモントンはアルバータ州の最大都市カルガリーから車で3時間ほどの距離にある人口100万人を超える成長都市です。豊富な緑地や水峡の自然美で有名な美しい街です。

カナダ高校留学に関する基礎知識

カナダへの高校留学を検討中の方は、事前に知っておいて頂きたい基礎知識をまとめたページがございますので、そちらも一読頂きますと安心して準備が進められると思います。

カナダ高校留学を考えた時にまず知っておきたい基礎知識

2017.06.02

エドモントン公立留学プログラム概要

まずはエドモントン留学プログラムが制作した留学生プログラムの紹介ビデオがありますので、ご覧下さい。留学生や学校の雰囲気が伝わると思います。

留学生受入れ可能年齢

  • 幼稚園から高校3年生 (K to 12)

留学可能期間

  • 1年間(実質10ヶ月)
  • 1学期(5ヶ月)
  • 短期
  • 先生向けトレーニング

特別授業

  • IB(国際バカロレア)
  • AP (Advanced Placement)
  • 留学生向けのESLプログラム有り

授業言語

  • 英語
  • フランズ語

入学可能時期

  • 9月&2月

願書締め切り

  • 入学日の3ヶ月前をめど

教育委員会全体の学校数

  • 205校(留学生の受入れはこの中の13校)

教育委員会全体の生徒数

  • 95,000人(この中で留学生は700人)

留学費用

  1年(実質10ヶ月) 1学期(5ヶ月)
授業料 12,000ドル 6,000ドル
入学金 250ドル 250ドル
傷害保険 500ドル 275ドル
合計 12,750ドル 6,525ドル

あなたの生活と学習をサポートしてくれるホームステイ!

エドモントン公立留学プログラムでのホームステイは提携するカナディアンホームステイネットワークからの斡旋になります。費用は以下を参考にしてみてください。

  1年(実質10ヶ月) 半期(実質5ヶ月)
斡旋手配料 750ドル 750ドル
後見人手配料 200ドル 200ドル
空港出迎え 100ドル 100ドル
非常用デポジット 500ドル 500ドル
海外送金費用 50ドル 50ドル
ホームステイ滞在費用 8500ドル 4250ドル
合計 10100ドル 5850ドル
  • 斡旋費用には登録料、手配料、オリエンテーション、継続的監視費用が含まれていてます。
  • 空港出迎えは往復

年間総額費用

  1年間(10か月) 半期(5か月)
学校へ払う費用 12,750ドル 6,525ドル
ホームステイ代 10,100ドル 5,850ドル
合計 22,850ドル 12,375ドル

エドモントン公立高校留学に関するお問い合わせ

カナダ公立中学&高校留学専用カウンセリングフォーム

2017.07.10

アルバータ州高校留学・特集記事

特集・カナダ・アルバータ州公立高校留学ガイド 〜学校の選び方から渡航準備までカナダ・アルバータ州公立高校留学ガイド

2017.11.14
Edmonton Public High Schools

知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。