ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

日本から見ると地球の反対側。カナダの東側にある小さな町ハリファックス。

「英語を学ぶにはとても良さそうな町だな。」

でもせっかくカナダまで行くのだから、英語を学びながら大きな都市で北米の商業都市、エンターテイメントや娯楽も体験してみたい。

「日本とは違うエキサイティングな都市でも生活をしてみたい。」

そんな方もいるかもしれません。シンプルに・・・

「せっかくカナダへ行くのだから1つの町だけじゃなくて、いろんな場所に住んでみたい。」

と考えている方もいらっしゃいますし、

「1年間の語学留学の予定。最初は日本人の少ない町で英語力を上げて、次は大都市で英語を生かしていろんな経験がしたい」

こんな風に考えていらっしゃる方もいます。人それぞれです。

そこで今回の記事では、ハリファックス以外の都市にも校舎を持っている学校をご紹介します。学校によっては、移動する際の片道航空券を出してくれる学校もありますので興味のある方は要チェックです。

ハリファックスと他の都市にも校舎を持っている学校は現在、語学学校CLLCのみになります。

語学学校CLLC

語学学校CLLCは、ハリファックス以外に・・・

・ トロント(オンタリオ州)
・ オタワ(オンタリオ州)

以上の2つの都市に校舎があります。

語学学校CLLCは、2005年、私が留学エージェントを始めた当初は、ハリファックス対岸の町・ダートマスのフェリー乗り場の前にあった小さな学校でしたが、このわずか12年で、

  1. ハリファックスのダウンタウンへ引越し
  2. ハリファックスにもう一つ校舎をオープン
  3. オタワ校開校
  4. トロント校開校

このように、飛躍的に規模を大きくしています。

語学学校CLLCは各校舎ごとの引越しを学校全体で推奨しています。カリキュラムや教材、レベル構成も全キャンパスで共通のものを使っているので転校をしても学校の授業への参加には支障がありません。さらに、24週間以上申し込みをすると、違う都市にあるキャンパスに転校する際に、片道航空券をCLLCが払ってくれます。転校先の都市のホームステイ斡旋費用も無料です。

オススメはハリファックスから大都市へ移動という順番

2都市間留学、さらには3都市間留学を計画している方にオススメは、ハリファックスからスタートすることです。その理由は、英語が初級者の時にこそ、ハリファックスでがんばって欲しいのです。大きな都市へ行くと、やはり日本人を町中でよく見かけますし、日本語が聞こえて来ることもよくあります。そして、まだ英語に慣れていない、英語がわからないときに、「情報が必要。助けが必要。」という状況になった時には、どうしても日本語で助けてもらう道を選んでしまいがちなのです。

せっかくカナダに生活しながら英語の勉強ができる語学留学です。困ったことや助けて欲しいことがあるときに助けを求めるのはいいことです。大切なことです。でもあなたには英語で助けてもらって欲しいのです。あなたがハリファックスにいるときには、ホームステイのファミリーや学校のスタッフが助けてくれます。どんどん彼らに英語で相談してみましょう。ハリファックスの語学学校の先生やスタッフは本当に親身になってくれる人たちが多いです。その経験が、英語でのコミュニケーション力につながっていきます。

ある程度の英語力や英語でのコミュニケーション能力、そしてカナダでの生活に慣れてから、トロントやバンクーバーなどの日本人の多い都市へ移動すれば、英語だけでなんとかやっていけるようになっているので、日本語で誰かに助けてもらわなくても、生きていけます。それはきっとあなたにとって大きな自信になっていると思います。

「ハリファックスでは英語をしっかり学ぶ!」

「トロントではその英語を活かして、ビジネス英語を学ぶ!」

いいプランです。

「ハリファックスでは英語をしっかり学ぶ!」

「バンクーバーに移動してワーキングホリデー!」

とてもいいプランです。

「とりあえずバンクーバー」という感じで行き先や学校を選び、わからないことがたくさんあるから、日本人の友達に助けてもらい、気がついたら、周りに日本人がたくさんいて、彼らと時間を長く過ごすようになり、気がついたら、カナダで日本人との人間関係で悩んでる。。。。

「わたしカナダで何してるんだろう。。。???」

こんなふうにならないように気をつけてくださいね!

カナダに出発する前からしっかりプランをしましょう。「プランをすると何がいいのか?」それはもちろん、「自分のカナダ語学留学やワーキングホリデーを自分でしっかりコントロールするためです。周りに流されずに。」

もっと自由に気楽に行きたい!と思われる方もいると思います。わかります。でも実はプランをしっかり練った方が気持ちは楽になります。考えてある人が流れに乗るのと、考えてない人が流れに流されるのは違います。あなたは上手にプランをして自分のカナダ語学留学、ワーキングホリデーを成功に向かってコントロールしてくださいね。それでは次のステップへ行きましょう。

【次のステップ】

【ハリファックス語学学校の選び方 No.8】ホームステイ?ルームステイ? スチューデントハウス? 滞在方法で決める


知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。