現地レポート! プリンスエドワード島への旅! Part 1

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

こんにちは、ハリファックスサポートセンター水谷です。
今日は、語学学校ILIの日本人カウンセラーれい子さんから、
最近、ILIのソーシャルアクティビティーで開催された
「プリンスエドワード島への旅」のレポートを送って頂きました!
それでは早速ご紹介します。
れい子さん、お願いします!
こんにちは、International Language Institute(ILI)で日本人カウンセラーをしています、
青木れい子です。
今日は、6 月28 日金曜日午後から30 日日曜日にかけてSchool Activity で生徒が訪れた、
Prince Edward Island への二泊三日の旅について、ハイライトで報告したいと思います!
Prince Edward Islandと言えば、ご存知の方もいらっしゃるとおり、
「赤毛のアン」シリーズを書いたL・M Montgomeryが住んでいた島として有名です。
(ちなみに、L・M Montgomeryは当校とも提携のある、ハリファクスのダルハウジー大学で
聴講生として文学を学んだそうです。)
世界的に有名な文学誕生に、大きな力を持った美しい島で、
生徒達はどんな体験をしてきたのでしょうか。
写真1 ? 3:
一日目 夜:New Glasgow で夕食。食べ放題で、海の幸、チャウダー、ムール貝、サラダ、デザート、ドリンク(ソーダ・紅茶・コーヒー)、そしてなんと1キロのロブスターをいただきました!



4: 二日目 朝:海辺のコテージで、パンケーキとメープルシロップの朝食を。

5: 二日目 朝:「赤毛のアン」として有名な、Ann of Green Gables House and Museumへ!

6 -7: 二日目 朝:地元で養殖された、PEIの生牡蠣をいただきました。


8: 二日目 昼:橋から、5メートル下の川へジャンプ!

9 -10: 二日目 夜:コテージから200メートルの海辺で、焚き火です。


れい子さん、ありがとうございます。
皆さん、楽しそうですね~!
明日は3日目の様子をご紹介しますね。
語学学校ILIは夏の間、割引プロモーション開催しています。
詳しくはこちら!

その他、学校や手続きについて何か不明な点や質問がある方はお気軽にお問い合わせください。
お待ちしています!
ハリファックスサポートセンター・無料カウンセリングフォーム

水谷


知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。