クートネーレイク公立中学&高校留学プログラム (Kootenay Lake School District #8)

クートネーレイクカバー

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

こんにちは、留学アドバイザーの水谷です。カナダで高校留学をご検討の方へブリティッシュコロンビア州にあるクートネーレイクの公立中学・高校の留学プログラムについてご紹介します。

カナダ高校留学に関する基礎知識

カナダへの高校留学を検討中の方は、事前に知っておいて頂きたい基礎知識をまとめたページがございますので、そちらも一読頂きますと安心して準備が進められると思います。必読・カナダ高校留学に関しての基礎知識

クートネーレイク公立中学&高校留学プログラム概要

ブリティッシュコロンビア州の東側、アルバータ州との境界に近いエリアにあるクートネーレイク、ネルソンという地区の留学プログラムです。留学生の受入れを積極に行っており日本人のスタッフを用意しております。大学進学のためのカウンセリングにも力を入れていて、卒業生はカナダやアメリカをはじめ世界中の大学へ進学しています。ロッキー山脈に近いので留学生は数多く用意されたクラブ活動に参加してクートネーレイク・ネルソンでの留学生活を楽しむことができます。

留学生受入れ可能年齢

  • 6年生から高校3年生

留学可能期間

  • 1年間(実質10ヶ月)
  • 1学期(5ヶ月)
  • 短期
  • ウィンターキャンプ
  • 教師トレーニング

特別授業

  • アドバンス・プレイスメント(AP)
  • フランス語集中コース
  • 留学生向けのESLプログラム有り(授業後)

授業言語

  • 英語
  • フランズ語

入学可能時期

  • 9月&2月

願書締め切り

  • 6月1日(9月入学)
  • 11月1日(2月入学)

教育委員会全体の学校数

  • 16校(留学生の受入れはこの中の5校)

教育委員会全体の生徒数

  • 4,900人(この中で留学生は123人)

留学費用

1年(実質10ヶ月) 1学期(5ヶ月)
授業料 13,000ドル 6,500ドル
入学金 350ドル 350ドル
ホームステイ斡旋費用 500ドル 500ドル
ホームステイ滞在費用 8,500ドル 4,250ドル
傷害保険 1,000ドル 500ドル
メンテナンス費 500ドル 500ドル
合計 23,850ドル 12,600ドル

上記の費用には以下のものを含んでいます。

  • 授業料
  • 成績レポートカード発行
  • ESL英語サポート
  • 教科書
  • オリエンテーション
  • 学校でのインターネットアクセス
  • 後見人サポート

あなたの生活と学習をサポートしてくれるホームステイ!

ホームステイ費用に含まれるもの

  • ホームステイ・個室
  • 1日3食の食事
  • 空港出迎え(往復)
  • カウンセリング・生活&学習相談
  • 月ごとの課外活動参加費
  • 毎月のホームステイコーディネイターの家庭訪問

クートネーレイクで楽しめる課外活動の様子

あなたが留学生活の中で楽しめるカナダの大自然の中でのアクティビティーには、ハイキング、ロッククライミング、カヌー、スキー&スノーボード、スケート、などから、サッカーや乗馬、アイスホッケーなどがあります。カナダでしか出来ない経験をたくさんしてくださいね。

クートネーレイク留学に関するお問い合わせ

カナダ公立中学&高校留学専用カウンセリングフォーム

2017.07.10
クートネーレイクカバー

知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。