ラインで留学相談も受け付けております!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

メディシンハットカソリック教育委員会留学プログラム/Medicine Hat Catholic School District Alberta

Monsignor McCoy High School

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

別名ガスタウンと呼ばれるアルバータ州5番目に大きな都市でお値打ちな高校留学

アルバータ州の最大都市カルガリーから南へ車で約3時間の距離に、別名ガスタウンと呼ばれる街メディシンハットがあります。人口約6万人の都市で、治安が良くフレンドリーな人々に囲まれて、お値打ちに高校留学が出来ます。

メディシンハットの様子がわかる動画

メディシンハットカソリック教育委員会

日本人留学生の受け入れ実績もあります!

留学生の受け入れ時期と期間

  • 3ヶ月
  • 5ヶ月(1学期)
  • 10ヶ月(1学年)
  • 卒業まで

留学生受け入れの学年

  • 10年生〜12年生(高1から高3)

留学生を受け入れいている高校

Monsignor McCoy High School


当センター代表水谷が高校を訪問してきました!

こちらの動画の前半にMonsignor McCoy High Schoolを訪問した様子が載っています。

プログラム費用

  • 入学金:200ドル
  • 授業料:9,500ドル
  • ホームステイ斡旋費用:200ドル
  • ホームステイ滞在費用:7,500ドル
  • 健康保険:500ドル
  • ESLプログラム費用:200ドル
  • 空港出迎え(カルガリー空港・往復):200ドル

合計:18,300ドル

上記費用以外に見込まれる費用:

  • スクールバス
  • 運動部で掛かる道具代やチーム参加費用
  • 課外活動、遠足参加費用など
  • 市バス(利用する場合)

メディシンハットカソリック留学プログラムへの入学手続き

当センターではメディシンハットカソリック教育委員会への入学手続きを無料で代行しております。留学ご希望の方は是非、こちらのページからお気軽にご相談ください。

カナダ留学はお気軽にご相談ください!

ハリファックスサポートセンター代表・水谷

エージェント水谷

カナダ高校留学に関するお役立ち情報

カナダでの高校留学を考えた時にまず留学生、そして保護者の方に知っておいてほしい基礎情報をまとめた記事があります。是非、ご一読ください。

無料動画セミナーでわかって安心!カナダ高校留学完全ガイド!

カナダ高校留学に関する情報をまとめた全5回の動画セミナーです。当ホームページに記載されている高校留学に関する情報についても順番を追ってご紹介していますので情報収集がしやすくなっています。動画セミナーでしかお伝えしていない情報やご自身が留学経験のないお父さん・お母さんからよく頂く質問にお答えしているコーナーもありますので是非セミナーを受講してみてください!

無料動画セミナーでわかって安心!カナダ高校留学完全ガイド!

2018.08.08

カナダ高校留学を考えた時にまず知っておきたい基礎知識

2017.06.02
Monsignor McCoy High School

知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。