2017年年末!語学学校OHC 授業料割引の詳細と上手な使い方(トロント、バンクーバー、カルガリー)

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

こんにちは、留学アドバイザーの水谷です。今日はカナダの語学学校OHCの日本人スタッフ朝比奈さんから届いた最新の割引情報をご案内します!

2017年末!OHCカナダの割引プロモーション

語学学校OHCはカナダ国内だとトロントバンクーバーカルガリーの3都市に校舎のある語学学校ですが、今回のキャンペーンはカナダだけでなく、イギリス・アメリカの世界レベルで開催している割引キャンペーンです。OHCはイギリス、オーストラリア、アメリカにも展開しているグローバル企業です。

今回、2017年12月31日までの申し込み&支払いに適用される授業料の割引は以下を御覧ください。

  • 1週間から4週間   →      10パーセントオフ
  • 5週間から12週間 → 15パーセントオフ
  • 13週間以上     → 20パーセントオフ

通常の授業料と比べてみるとわかりやすいので、週に25時間の最も一般的なコースの通常1週間の授業料は以下のようになります。

一般英語プラスコースの定価

  • 1週間〜4週間の申し込み → 360ドル
  • 5週間〜12週間の申し込み → 340ドル
  • 13週間〜23週間の申し込み → 320ドル
  • 24週間〜35週間の申し込み → 310ドル
  • 36週間以上の申し込み → 300ドル

※申し込み期間によって1週間の単価が安くなります。

定価の長期申し込みに適用する割引と今回の割引の週の割り振りが違うのでちょっと分かりにくいですが、3ヶ月と半年間留学する場合でどれだけ安くなるのか比較してみました。

3ヶ月(12週間)申し込みをした場合の見積もり

  • 入学金:140ドル
  • 授業料:4080ドル → 3468ドル(15パーセントOFF)
  • テキスト代:100ドル(12週間分)
  • ホームステイ斡旋費用:245ドル
  • ホームステイ滞在費用:3060ドル(3食・個室)
  • 空港出迎え(往復):230ドル

合計:7,243ドル

半年(24週間)申し込みをした場合の見積もり

  • 入学金:140ドル
  • 授業料:7440ドル → 5952ドル(20パーセントOFF)
  • テキスト代:150ドル(24週間分)
  • ホームステイ斡旋費用:245ドル
  • ホームステイ滞在費用:5760ドル(3食・個室)
  • 空港出迎え(往復):230ドル

合計: 12,477ドル

※ホームステイ費用はトロント、バンクーバー、カルガリーの各都市によって費用が変わります。見積もりはトロント・バンクーバーの費用で作成してあります。

割引は上手に使いましょう。

割引は学校が発表するタイミングもありますが、出来るだけ早めに情報収集をして、使えるものは使いましょう。もちろん値段だけで学校を決めるわけではないと思いますが、どなたにとっても限られた資金の中での語学留学やワーキングホリデーだと思います。授業料が節約できれば、さらに長く学校に通ったり、旅行などのさらにカナダ生活を楽しくするものに利用できます。ぜひ、上手に使ってみてください。詳しい見積もりや語学学校OHCに関してはお気軽に下のカウンセリングフォームからご相談くださいね。お待ちしております。

語学学校OHCについてはこちらをご覧ください。

語学学校OHCに関するお問い合わせや留学プランの相談はこちらへ

email-counseling.001 tel-counseling-form.001

知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。