パリザー中学高校留学プログラム (Palliser Regional Schools) カルガリー&レスブリッジ・アルバータ州

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

こんにちは、留学アドバイザーの水谷です。カナダで高校留学をご検討の方へアルバータ州南部:大都市のカルガリーから大自然溢れるレスブリッジまでを含むパリザー中学高校プログラムについてご紹介します。自然に囲まれ、空気のきれいな街で、安全なコミュニティーの中で世界トップ10に入る評価を得るアルバータ州の高校卒業を目指すことができます。

カナダ高校留学に関する基礎知識

カナダへの高校留学を検討中の方は、事前に知っておいて頂きたい基礎知識をまとめたページがございますので、そちらも一読頂きますと安心して準備が進められると思います。

カナダ高校留学を考えた時にまず知っておきたい基礎知識

2017.06.02

パリザー中学高校留学プログラム概要

パリザー高校留学の主なメリット

  • 安全に生活することでき、町の人たちがとても温かい
  • 日本人が とてもすくない
  • 主要な学校にはESLクラスが常設されている
  • ホームス テイコーディネーターが常駐
  • 一人一人をケアしたサポート体制

留学生受入れ可能年齢

  • 高校1年生から高校3年生(Grade 10 – 12)

留学可能期間

  • 1年間(実質10ヶ月)
  • 1学期(5ヶ月)
  • 短期

特別授業

  • AP(Advanced Placement)
  • スポーツ

授業言語

  • 英語

入学可能時期

高校留学 - 9月 または 2月

願書締め切り

  • 特になし

教育委員会全体の学校数

  • 34校(留学生の受入れはこの中の8校)

教育委員会全体の生徒数

  • 8,200人(この中で留学生は30人)

留学費用の詳細

フルタイムプログラム&ホームステイ費用

  1学期 1年
  5ヶ月 10ヶ月
申請費用 200ドル 200ドル
授業料 6,075ドル 12,150ドル
医療保険 275ドル 550ドル
ホームステイ斡旋費用 250ドル 250ドル
ホームステイ滞在費用 3,750ドル 7,500ドル
合計 10,550ドル 20,650ドル

料金に含まれるもの:

  • 授業料には、アルバータ州教育プログラム有資格教員によるパルザースクールプログラムへの参加費用が含まれます。

授業料に含まれないもの:

  • スポーツチーム参加などの課外活動にかかる費用(各課外活動により異なります)
  • その他レクリエーション活動にかかる費用(スキー、フィールドトリップ、海洋生物見学など)

レスブリッジの街・紹介ビデオ

ホームステイ

ホームステイは生徒が出来る限り学校から近い受け入れ先になるように手配をします。同じ学校に通う地元の生徒がいる家庭を優先的に紹介するようにしています。また離れたエリアからスクールバスで通学する学生もいます。

留学生の感想ビデオ

香港からの留学生がパリザーでの留学について英語と中国語で話している動画があります。参考までにぜひご覧ください。

パリザー高校留学プログラムに関するお問い合わせやご相談

当センターはカナダのすべての公立高校の手続き窓口代理店になっております。パリザー高校留学に関するご相談は以下のフォームからお問い合わせください。

カナダ公立中学&高校留学専用カウンセリングフォーム

2017.07.10

アルバータ州高校留学・特集記事

特集・カナダ・アルバータ州公立高校留学ガイド 〜学校の選び方から渡航準備までカナダ・アルバータ州公立高校留学ガイド

2017.11.14

知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。