留学生必見!日常英会話の鍵はシンプルな単語の組み合わせ・フレーザルバーブ

ラインで留学相談を受け付けています!

ラインの方が連絡が取りやすい方は、ラインでも留学相談を受け付けております。ハリファックスサポートセンター・LINEアカウント・ mitchtoy (ID検索で見つけてください)

中学校で習う英単語でネイティブとの会話はできる?

多くの人に間違った学習方法を連想させる本当のような嘘です。これには少しからくりがあります。確かにネイティブスピーカーは難しい単語を使いません。驚くほどシンプルな単語を使います。ネイティブスピーカーが日常英会話で使う英単語のほとんどは、私たちが中学で習う単語です。それはあっています。でも・・・それを知っているだけではネイティブスピーカーとの会話についていくことは出来ません。単語を知っていても言っていることが理解出来ません。なぜでしょう? それにはちゃんと理由があります。

その理由とは何でしょう?

それが今日ご紹介するフレーザルバーブです。

フレーザルバーブとは、単語と単語が組み合わさって独自の意味を作り上げるフレーズになったフレーズ動詞です。バーブとは動詞という意味です。ネイティブスピーカーはこのフレーザルバーブを会話の中で多用しています。

例えば、一つ例をご紹介します。

あなたはきっと次の2つの単語をご存知でしょう。

  1. turn
  2. in

2つともシンプルな単語です。中学で習いますよね。でもこの2つは組み合わさってフレーザルバーブになると turn in になります。

turn in とはどんな意味でしょう????

turn in は、就寝する。寝る。という意味です。つまり、go to bed と同じ意味になります。

えええ???

turn と in で、go to bed という意味なんですか?

じゃあ、

What time did you go to bed last night?

「昨日の夜、何時に寝たの?」

この英語の質問を・・・

What time did you turn in last night?

と言ってもいいんですか???

いいんです。でもネイティブスピーカーの友達にいきなり、

What time did you turn in last night?

と、聞かれたらきっと「えっ?どういう意味?」って聞き返してしまいますよね。

そうすると、その友達が・・・

What time did you go to bed last night?

と言い換えてくれたりします。

海外に生活しているとこのような会話・コミュニケーションがたくさんあります。

turn in は他にも意味があります。

He turned himself in.

彼は彼自身を、turn in した。

これで何と・・・

彼は自首した。という意味になるのです。

面白いでしょ?

turn in の後ろの in を変えてみましょう。

turn up はどうでしょう?

例文を見てみましょう。

My friend suddenly turned up at my house last night.

turn up は、現れるという意味です。 appear という単語をご存知の方もいるかもしれません。

「昨夜、友達が突然、私の家に現れた。」

高校受験や大学受験をした方は難しい単語をご存知かもしれません。でもネイティブスピーカーは難しい単語を使いません。誤解しないでくださいね。もちろんネイティブスピーカーは難しい単語も知っていますが、日常会話ではシンプルな単語を組み合わせたフレーザルバーブを多用しています

社会人になり、日本の高校受験・大学受験が必要なくなり、人生を楽しむために今英語を学ぶあなたは、中学や高校の教科書を読み返すのではなく、ネイティブスピーカーとの会話を楽しむための英語を学べばいいのです。それがフレーザルバーブです。

シンプルな例をもっとご紹介しましょう。

フレーザルバーブに下線を引いておきます。

  1. I put off my homework.
  2. I go out with a beautiful woman.
  3. I called off my birthday party.
  4. I eat up a whole cake.
  5. I look up a word in the dictionary.

各フレーザルバーブの意味をご紹介しますね。

  1. put off = 先送りする
  2. go out with = 付き合う、恋人になる
  3. call off = キャンセル、中止にする
  4. eat up = 食べきる、全部食べる
  5. look up = 調べる(辞書などで)

いかがでしょう? どれも日常生活で使いそうな意味の単語ですよね。

もう一度、例文を見てみましょう。

  1. put off my homework.
  2. go out with a beautiful woman.
  3. called off my birthday party.
  4. eat up a whole cake.
  5. look up a word in the dictionary.

英語を上達させるためには、上達の鍵になるような項目をしっかり身につけることです。そしてフレーザルバーブは間違いなくその中の一つです。あなたもシンプルな単語の組み合わせで出来ているフレーザルバーブを学んで日常英会話力をアップさせてください。フレーザルバーブについて詳しく説明している動画、そして1日1個、5分で学べる無料のメールコースをご用意しています。30日間のチャレンジを今日始めてください。なぜ今日始めて欲しいのか?

あなたが覚える必要があるフレーザルバーブがたくさんあるからです! Don’t put off!

以下の登録フォームに名前とメールアドレスを入力し受講開始ボタンを押してください。第1回目のレッスンがメールで届きます。今すぐ始めましょう! この無料プログラムは、ハリファックスサポートセンター代表水谷が運営している別サイト・日本人英語講師みち先生から配信されます。

無料動画レッスン

日常英会話の鍵はシンプルな単語の組み合わせ・フレーザルバーブ

お時間のある方は下の動画レッスンも是非ご覧ください。

以下の登録フォームに名前とメールアドレスを入力し受講開始ボタンを押してください。第1回目のレッスンがメールで届きます。今すぐ始めましょう!この無料プログラムは、ハリファックスサポートセンター代表水谷が運営している別サイト・日本人英語講師みち先生から配信されます。


知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

水谷 通孝

いつもホームページをご利用頂きありがとうございます。ハリファックスサポートセンター代表の水谷です。カナダ語学留学、短期留学、高校留学、大学留学、そしてワーキングホリデーに関して何か質問や心配ごとがあればお気軽に相談してくださいね。 相談フォームまたは電話カウンセリング予約フォームをご利用ください。今回の記事に関することであれば下のコメント欄でも大丈夫です。あなたの留学プラン、ワーホリプラン、一緒に考えましょう。 私のカナダでのワーホリと語学留学の体験談はこちらの創業物語を読んでみてください。