高卒の建築現場作業員でも出来た!カナダ留学を通じて理想の未来

規律の痛みか?それとも後悔の痛み?選択肢がある今こそ賢く選ぼう 頑張れ留学生!力の湧き出る英語の言葉

規律の痛み・後悔の痛み

若いあなたにはまだ選択肢がある。選択する力がある。あなたの持っている可能性を現実のものにするか、それとも可能性のまま終わらせるか。それは、あなただけが、あなたのためにできる選択。使わなかった可能性は年齢を重ねるごとに、後悔という痛みに変わります。人生の中で私たちはこの2つのうちのどちらかの痛みを受け入れなければならない。「今、頑張らなければいけない痛み。」そして「あの時やっておけば良かったという痛み。」あなたはどちらを選びますか?アメリカで今でも多くの経営者やリーダーたちに慕われるビジネス哲学者・ジムローン。ジムローンはこう言いました。「今、頑張らなければいけない痛みはグラム単位で測ることができる。でも後悔の痛みを測るには、トン単位が必要だ。」

カナダ留学やワーキングホリデーという人生を大きく変えるチャンスを目の前にしたすべての日本人留学生にお伝えしたい言葉です。頑張れ留学生!今日の言葉をご覧ください!

英語的な解説

今日の言葉:

Everyone must choose one of two pains: the pain of discipline or the pain of regret. 

単語の意味:

  1. discipine:  [名][U]訓練、鍛練、修養、教練、訓練法、修業法、(鍛練で得た)抑制、自制(心)、克己(こつき)、しつけ
  2. regret: [名][U]残念、遺憾(いかん)、後悔、悔恨、(不幸などに対する)悲嘆、落胆、哀悼、哀惜、遺憾の意、後悔の言葉
カナダ留学はお気軽にご相談ください!

ハリファックスサポートセンター代表・水谷

エージェント水谷

知識は大事!留学やワーホリに詳しくなろう!

語学留学、ワーキングホリデー、高校留学、大学留学を成功させる! 良い留学のファーストステップはリサーチから。カナダについて、学校について、手続きについてわかりやすく説明している小冊子がたくさんありますので是非、ご自分に合うものから読み始めてください。全て無料です!


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください